世界各国の日本酒が京都に集結!(2017 12末現在で決定している酒蔵)

International Sake Breweries meet in Japan! (as of Dec.27 List will grow!)

日本酒を飲むだけでは、もう満足しない。Sake は世界中で醸される。そんな時代がもう、始まっています。

ニュージーランド代表  「全黒 -Zenkuro-」

ニュージーランド南島、クイーンズタウンで大切に造られる、ニュージーランド初の日本酒蔵です。日本の伝統的な製法に基づいて、酒米とサザンアルプスから流れ出るクイーンズタウンの純粋な水によって純米酒を醸しています。添加物なし、食事に合うことを一番の目的として作られたお酒で、ニュージーランドのシーフード、肉料理など幅広い料理に合わせられると評判です。ニュージーランド〝最強″をイメージし、〝″(Completely)〝″(Black)が誕生しました。

The first sake brewery ever established in New Zealand, "Zenkuro" makes quality sakes which goes significantly well with a variety of local dishes from New Zealand. Zenkuro focuses on producing high quality "Jyunmai shu" with rice specially designed for sake making and abundant pure natural water from beautiful Queenstown. They want their sake to become greatest in NZ and have named it Zenkuro, "Zen全" meaning "completely" and "Kuro黒" meaning "black".

ノルウェー代表「Nøgne Ø -ヌウグネ・エウ-(日本語で裸島)」

2010年から日本酒の醸造を始めた、ヨーロッパ初のSake醸造所。首都オスロから車で南へ約4時間、グリムスタという町で造られています。Nøgne Ø社はノルウェー最大のクラフトビール醸造所でもあり、現地で高い人気を誇っています。原料のお米には主に同じ寒い地域である北海道産の"吟風"を使用するこだわりで、上質の味を追い求めています。蔵のモットーは「絶対に妥協しない醸造所」。まだまだ日本酒への理解が乏しいヨーロッパ北の大地で、日本文化を継承する貴重で心強い存在です。

Representing Norway, Nøgne Ø started making sake in 2010 and is the first sake brewery in entire Europe. Nøgne Ø is also known for its quality local beer which is enjoyed in many countries throughout Europe, USA, Australia and other parts of the world. For sake brewing, Nøgne Ø uses "Ginpu, sake rice" which is cultivated in Hokkaido, the northern island of Japan, where has some similarity in climate conditions as Norway. "The brewery from Norway that refuses to compromise" never stops pursuing higher quality of their fascinating products. 

アメリカ代表(メイン州)「Blue Current Brewery」

Blue Current Brewery はアメリカ北東部、メイン州に拠点を置く酒蔵です。その土地の美しい水と海からの冷たい空気を巧みに利用した吟醸酒造りを行なっています。現在のところ販売はメイン州、ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州とイギリスに限られていますが、2016年に London Sake Challenge で金賞を受賞したことで知名度は上昇中。創立者のDan Ford氏は日本在住時に日本文化、日本酒に魅せられ祖国で酒蔵を設立することを決意。Sake Educational Council のAdvanced Sake Professionalの資格を取得しています。

Representing USA, Blue Current Brewery is based in the state of Maine where can be the best sake making spot in the nation with its beautifully cold breeze from the ocean and perfect natural water from their wonderful land. The distribution of their sake is still limited mainly within north-eastern regions of the US, but after winning the gold prize at London Sake Challenge 2016, it has been recognized in more areas in the country and also UK.  Dan Ford, founder of the brewery, lived in Japan, fascinated by sake and its culture and finally decided to establish a sake brewery in his home country. He holds Advanced Sake Profession Certificate from Sake Educational Council.

アメリカ代表 (テネシー州ナシュビル) Proper Sake

アメリカ南部代表は Proper Sake。この小さいながらも力強い酒蔵は、カントリーミュージックを始めとするアメリカ音楽の聖地として知られるテネシー州ナシュビルにあります。フード関連ビジネスで活躍していた創業者のByron Stithem氏がこの地で日本酒の醸造を始めたのは2016年。日本の伝統的な手法を守りながらも、アメリカらしく新しいチャレンジを取り入れながら行う酒造りに力を入れています。全米へと販路を広げながら、彼が作る日本酒は自身が運営するテースティングルームで日々ナシュビルの人たちを酔わせています。

Representing USA, Proper Sake from southern United States is a small yet powerful sake brewery. This sake is made in Nashville Tennessee, home to American country music. Byron Stithem, the founder, started brewing in 2016 focusing on high-quality sake following traditional techniques, but as a committed new style American sake maker, he never forgets to add new challenges. Proper Sake is making people in Nashville smile and pleasant every day.

アメリカ代表(オレゴン州ポートランド) 「Sake One」

Sake One はアメリカ西部、澄んだ空気と森に囲まれたオレゴン州ポートランドにあります。Sake One の母体は青森の老舗酒造メーカーである桃川株式会社。92年に設立した同社のアメリカ法人が、現在は別会社の Sake Oneとなり、良質な軟水が湧くオレゴンの地で日本酒を造り続けています。醸造学の専門家で、日本で修行をしたアメリカ人杜氏が、質にとことんこだわった日本酒を醸しています。Sake Oneは日本の酒造メーカーとの提携により、日本酒、焼酎の輸入販売も手がけています。

Sake one represents the northwest of USA, Portland Oregon. Thanks to the abundant and beautiful air and pure water from the deep forests in Oregon, their award-winning high quality sake has been enjoyed in various parts in the country for more than two decades.  Sake One's master brewer is a specialist in fermentation and well trained in a Japanese sake brewery. They have cooperative relationships with Japanese sake makers which allow them to introduce and sell a variety of Japanese products in the US.

イギリス代表 (London) 「Kanpai Sake」

Kanpai Sake は2017年にロンドンで生まれた小さな酒蔵です。初めて京都で口にした日本酒は、創業者である LucyとTomの人生を一変させました。日本酒への情熱は日に日に増すばかり。やがて自分たちで造るという情熱へと変わっていきます。試行錯誤を繰り返し、たどり着いた自分たちだけの酒造り。クラウドファンディングでたくさんの人々のサポートを受けた後、二人は蔵人となりました。今、ロンドンのフードビジネス界に次々と革命を起こしています。

Representing UK, Kanpai Sake was born in 2017. Operated by only two young great sake lovers, Lucy and Tom, they can do only small batches, but their views and passions toward sake making are unlimited. Their long sake journey started in Japan with a little sip in Kyoto.  After going through lots of experiments and challenges, they have now reached to the answer to make sake only they can brew and that's already drawing Londoners' serious attention. The sake revolution that Lucy and Tom are making has been giving sensational energy to the London food scene.

スペイン代表 (カタルーニャ地方) 「Seda Liquida (絹の雫)」

スペイン北東部カタルーニャ地方、トゥイシェントというフランス国境にほど近い小さな村で、"Seda Liquida"は繊細に醸されています。蔵の創立者である Antonio Champins さんは子供の頃に日本人と文通をしたことをきっかけに日本に強い興味を抱いたそう。親日家としてその後の人生を歩むも、日本文化や日本酒がが正しくスペイン国内で理解されていないことに心を痛め、一冊の本を書くことに。その本の題名は Seda Liquida。トゥイシェントの水は中軟水で日本酒に最適であることがわかりました。その水と日本から取り寄せる酒米山田錦で、2015年 Antonioさんはいよいよ自身の酒蔵で酒造りを始めました。

Representing Spain, Seda Liquida, "liquid of silk", is delicately brewed in Tuixent Catalunya by Antonio Champins, a great connoisseur on not only sake, also all Japan. As a person with lots of knowledge about Japan, he was frustrated with the fact that many Spanish people didn't understand about Japanese culture and especially sake. So he decided to write a book in Spanish, which was called "Seda Liquida." With Yamadanishiki sake rice he imports from Japan and the perfect water he found in Tuixent, his new and respectful challenge began in 2015.